スポンサーサイト

  • 2012.08.05 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


清姫

20060814_52824.jpg
久しぶりに妖怪です。
清姫です。「安珍と清姫」とか「京鹿子娘道場寺」でご存じの方も多いのでは?
安珍という修行者に弄ばれた清姫が邪神と化し、安珍が逃げ込んだ大きな鐘に「清姫」の蛇は巻きつき鐘ごと安珍を焼き殺してしまうといった怖いお話。
でも、弄ばれた上に怨念の深さから蛇に身を変えてしまった清姫も可哀想です。


世の男性の皆さま。女性にウソをつくときは、それ相応のご覚悟とご用心をなされませ…。

あかなめ

20060725_29949.jpg
これは、割とメジャーな妖怪ですね。住処はお風呂場という、ちっとジメッた妖怪です。きっと性格もジメッてるんでしょう。誰もいない夜に風呂場が汚れていると出てきて風呂についたアカを舐めるとか…。想像すると軽く恐怖です。それが嫌なら絶えずお風呂場をきれいにしなければならないそうですよ。
「風呂、きれいにしてくれるんなら出てもいいぢゃん?ラッキー♪」
と思った(キジを含めた)あなたっ!!大間違いです。あかなめが舐めたお風呂に入ると全身が真っ赤に腫れ上がっちゃいますよ。危険ではないにしろ、迷惑なヤツです。
お風呂は自分で掃除しましょうという教訓的妖怪ですね。
ちなみにキジの家では深夜にならないとお風呂が活用されないので、あかなめも出てくる暇がないようです。

こんにゃく幽霊

20060716_17005.jpg
これは、見たまんま。こんにゃくをくわえている幽霊です。妖怪なんだか幽霊なんだか…。
どうやら、以前にこんにゃくの事で夫婦げんかとなって死んだ女がいて、恨めしいこんにゃくをくわえて現れるのだろうということみたい。
しかし、命を落とすくらいの激しい夫婦げんかってどんなんでしょ??しかも、原因がこんにゃくて…(=_=;)
そりゃ、死んでも死にきれないでしょうね。

尻目(しりめ)

20060714_14518.jpg
ナイスです。どうやらのっぺらぼうの一種で、特に人に危害を加えるような妖怪ではないそうな。人を驚かせて喜ぶ妖怪です。
っていうか人に声を掛けて振り返ったら素早く着物を脱いでお尻を見せるらしいけども、現代なれば犯罪です。わいせつ物陳列罪(あるんかな?)です。
こんな妖怪がいることにも驚きだけど、お尻見せられるまで逃げずに見続けしっかり驚いて見せた昔のニホンジンはのんびりしてたんですね。きっと
「ヒヤァァァ〜〜!お助け〜〜っ!!」

とかベタに驚いてたんだろうね。

寝肥(ねぶとり)

20060709_5256.jpg

やたらと寝る女がなる妖怪です。まんまわたしです。ふつうはたいして気がつかないが寝ると体が部屋いっぱいに広がったようになりすさまじいいびきをかくそうな。
そんなやつはおらんやろ〜〜(-_☆)とお思いでしょうが、昔の人はこうやって女がやたら寝るのをいさめていたようです。庶民派の妖怪ですね。


現代の寝肥ここにあり。いえい。

キジムナー映像

20060708_2559.jpg
見えにくいけど、これがキジムナー。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM